行政書士 独学

行政書士試験を独学突破する


行政書士試験を受験する。しかも独学で・・・

この場合、既に宅建とかの資格取得者で基礎力がある人はイザ知らず、法律知識が乏しい状態からのスタートを考えるなら戦略というか計画が非常に大事なのは当然ですが、同時にツールも大事になります。

勉強を進める指針というか通信教育の教材とか、ネット等から入手するマニュアルとか、ですね。

例えば 「media5 10倍脳を鍛える! 行政書士試験 6ヶ月保証版」のようなツールも最近ではアリなのかも知れません。




通信講座ならフォーサイトの通信講座は結構評価が高いです
知人で合格された方もいます。

個人的には通信講座は、最初に資料がドンと到着して圧倒されたり、一週間もしたら置物になっているような気がして敷居が高いのですが、フォーサイトはよかったという話なので一応お奨めです。




更に最近はネット講座、DVD講座という選択肢もあって、便利だな〜という印象です。


いかなるツールを利用しても良いと思います。大事なのは信じてじっくり取り組む事、継続する事ですから。逆に言えばどんなツールを使っても継続して取り組めなければダメだという事です。

基本テキスト、用語集、問題集も同様です。市販されているテキスト・問題集はどれもある程度のレベルで完成していますから、どの出版社のものでも良いので(薄いテキストを推奨します。)浮気せず使用しましょう。テキスト選びで失敗して試験落ちるって事はありません。

基本モチベーションが続かず途中で挫折って方が多いみたいなので補足します。

行政書士試験に限らず法律資格は条文とか覚えるのは大事ですが、独学・初心者に近い人は条文覚えるのは後回しで良いので、その法律が必要とされた背景とか、実際どんな事件でどんな判決になったのか?

等の情報をネットサーフィンでもして読み込んでみてはどうだろう。


時間効率で言えばマズイかもしれませんが、その法律への興味とか親しみは大分増します。興味とかが出てくると勉強のモチベーションが続き易いです。

行政法や憲法って普段の生活と関連性が余りないので、条文とテキスト、問題集だけだと勉強していて実感がない、ツマラナイって言うのが本音なので、独学、法律初心者に近い方は試してみて下さい。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ