行政書士 独学

行政書士の資格を取る事に専念すべきですが・・・

受験期はひたすら勉強してトニカク合格の文字を掴むのが優先事項である事は言うまでもありません。

が、しかし・・・

何故か人間はイロイロな事を考え悩むのですね。

実は知り合いの独学受験生Aさんですが、最近勉強以外のエリアで急に悩み始めました。

内容は今まで人づきあいが苦手であった為、
仮にこのまま行政書士資格をとっても、普通に行政書士の業務をやっていけるのだろうか?

という事です。合格してから悩めばいいのに・・・


と思いながら少々お話に付き合ってしまったので、同様の悩みを持っている人もいるかもしれない、と思いシェアします。

まず、就職(独立?)ですが、行政書士事務所(法人)にて募集はあるかも知れませんが、期待しない方が良いです。

どこかの法律系の事務所に入って経験をつんでから個人で独立しよう!!

と考えている方は、残念ながら思いなおした方が無難です。


現在会社員の方は、上司に報告してみると手当付けてくれたり、法律系の部署があれば配置転換とかしてくれるかもしれません。

それ以外は基本的に独立開業を検討すると思います。

ここで一番多い不安が、やっていけるのか?

に集約されます。


答えは、資格だけではダメ!

という事実です。

この答えの延長線には、仮に司法書士や宅建といった資格を取得してもダメ!という事もあります。


独立開業すれば、町で既に開業されている士業の方全てがライバルとなります。町のスーパーと同じです。

あなたの事務所に行くべき理由?というかメリットがなければ、誰もあなたに依頼しません。

勿論、広告や紹介といった営業関連の努力も必要でしょうし、他のライバルにはない強みとかも打ち出していく必要があるでしょう。


でも行政書士の資格を取ろうと思ったのは、そんな独立開業が目標だったのでは?
そして、こんな人達から信頼を得てがんばっていこう、と思ったのでしょう。

ならば、勉強の最中に悩んだり・考えたりするヒマはありません。

合格してから、イザ独立する際に嫌ほど悩みますから安心して下さい。。。。

どうしても資格取得後の開業の事を充分学んでおきたい!
という方もいらっしゃるでしょうから、参考となるサイトを紹介しておきます。
チェックしておいても良いと思います。


>>行政書士開業革命

ここから試験対策の話をしますが、行政書士試験を突破する「明確な動機・理由」は必要です。
現在のキャリアや性格はこの際関係ないでしょう。

会社のポジションの為に資格を取るのか、独立開業する為に資格を取るのか

少なくとも、行政書士になりたいという明確な目標と、合格後のビジョンがないと、どこかで気持ちが緩み資格取得が難しくなるのではないでしょうか?

やはり将来の夢がしっかり定まっていないと長期戦の資格勉強を乗り切るモチベーションを維持するのは難しいですよ。
モチベーションあっての独学受験ですから・・

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ