行政書士 勉強法

がけっぷち受験生の驚くべき勉強法の秘密


私は行政書士試験を2度受験しています。サラリーマン時代に、将来を見据えて独立を夢見て行政書士試験に臨みました。

もう無理、限界、気が狂いそう。

それは、初回受験の夏の終わり頃のこと。私が初めて模擬試験を解いた時のこと。約4カ月間、それはかなりストイックに勉強していましたが、盆だけでも普通の人のように過してもいいのでは?


と少し気を抜いたところ、模擬試験結果は121点でした。(勿論気を抜いたうんぬんの前に実力が足りなかった事もあるでしょう)

この4カ月頑張ってきて、過去問とか解いても結構解けている自分に慢心があったのも事実ですが、私にとっては一大事です。

過去にも色々な資格試験に臨み、結構すんなりGETする中、なんとかなるという気持ちがあったのですが、今回は今までとは違うような気がして落ち着きがなくなりました。結果として秋には完全にギブアップです。


やはり法律系の資格は難しい、掲示板サイトとかみて合格濃厚受験者のコメント見て、私には無理だったんだ。と諦めてしまい年を越しました。


正直もう受験する気持ちは薄かったのですが、ほんの偶然でこの情報を見つけてしまったのです。

勉強法のノウハウなのですが、今までそんな類を見てもピンとくる事はなかったのですが、何故か入り込んでしまいました。


具体的には3月の終わり頃でしたが、スグに導入して実践してみました。

条文、判例から法の精神を学ぶ
効率的に知識を頭に入れるという勉強法は受験生の時代、社会人になってからもいくつかの資格試験を受験する際にもテーマとなり、自分なりに方法を作ってきました。用語とかは覚えましたが、問題になると応えられない。それは知らないテーマを問われた時に、法の精神や判例から、こういう流れにならないと、オカシイよね!

っていう考え方が湧いてこないからです。法律初学者故に背景にある全体像が判らないのが問題でした。

問われるポイントはズバリここ!
国家資格ですから、どうあがいてもかなりの量の知識を入れる必要があります。また知識を入れなければ考える問題を解く足掛かりがありません。でも知識として全てを覚えるには憲法・民法・行政法・商法って広すぎ。

まんべんなく覚えるのは無理、そこで現役行政書士が現在現場で話題になっているエリア、業務から、そして過去の出題傾向から、ここ押えようとピックアップしてくれるテーマは大事です。


こういった事を重点的に指導してくれる勉強法(ノウハウ?)は正に行政書士試験の為の教材だからですね。ここまで読んでお分かりのように、とてもよいものを見つけました。この私の勉強法は、行政書士試験対策では一番だと思います。

勉強すべきポイントを教えてくれますし、勿論物足りないって事もありません。

テーマを示される事で夢中に勉強できて、ツライ筈の勉強が少し楽しいものに変わってきます。

なんとか合格まで持ちこめたのは、小野たかひと氏の行政書士試験マニュアルのおかげです。小野氏のマニュアルを購入し実践される事を推奨します。

>>小野たかひとの行政書士短期合格術

しかしこのサイトを見る時期により、今から一から取り組むのは・・・
という方もいらっしゃると思います。そんな場合(具体的には8月以降ぐらいですかね?)は小野氏のサイトで時期により販売されるテーマ毎のレッスンを導入されるのも良いと思います。

例年、直前には一般教養の直前セミナー

民法や行政法の動画セミナー等も準備されると思います。

ぜひチェックして合格への道を切り開いて下さい。小野氏のサイトからメルマガ等を無料登録するとそんな情報の紹介があるハズです。

>>小野たかひと氏のサイトはコチラ

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ