独学 テキスト

テキストと問題集の使い方


行政書士を独学でクリアする為の勉強において、多くの方で考え方が異なるのがノートとテキストの利用方法ではないでしょうか?

テキストにおいて出版社はどこが良い?とかイロイロ調査する人もテキストの使い方はあまり考えていない、という人も多いのでは?

良く言われる言葉に「テキストにはどんどん書き込め」という格言があります。

良くある例としては、問題集を解いた際に、基本テキストには掲載されていない判例からの出題が結構頻繁に出てきます。そんな時にテキストに書き込んでおけ。という事です。

メリットとしては
テキストを見れば、何でも書いてある。という安心感を作れる。
男性なら自分で作った辞書的要素のテキストの存在は充実感や安心感、また自信の元になるかも。

デメリットとしては
やはり手間がかかるという事でしょうか。

ココは日頃の勉強方法とも深く関わるエリアで、何度もテキストを読みながら、問題集も並行して勉強する方には、効果も高いと思います。

個人的にはテキストは行政書士試験勉強の後半以降使用していないので、このような手法は採用しませんが参考まで・・


もう一つ格言がありますね、「問題集には書き込むな」というものです。問題集にいろいろと書き込んでしまうのはダメ、という思想です。

理由としては、問題集は何度も解くのが良いので、ヒントやポイントを書くと勉強効果がなくなるという事です。

過去問を解く際をイメージしますと、確かに過去問は数回解くべきだと思います。だから「問題にイロイロ書きこむのは良くない。」
という筋書きです。

個人的には、この格言行政書士試験突破という意味では、あまり重要視する必要はないと考えます。


基本的な事ですが、問題を繰り返し解けば、正解肢を覚えてしまいます。でも答えを覚えるのは良いですが、正解肢を覚えるのは意味無いですよね。だから過去問では「・・・という判例よりこの設問は正しい」というふうに言える自分を作ることが大事な訳です。

ならば、しっかり覚えこめていない時点なら、ヒントがあっても良いのでは?と考えます。問題解いた際にココ重要だ!
と判断し、解説なり、条文なり補足していくのは普通の勉強でしょう。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ