行政法 ポイント

行政法のポイント

行政法のポイントって言うほどではないですが、学習する上での基本を紹介します。

行政書士試験において行政法の占める割合は高く、必ず得意になって欲しいエリアです。ポイントを言うと、条文の読み込み徹底するという事です。

行政法は基本覚える事が多いですし、それも正確に覚えるのが大事です。

1.行政手続法
2.行政不服審査法
3.行政事件訴訟法
4.行政代執行法
5.国家賠償法
6.国家行政組織法

以上のエリアは最低3回は条文を読み込んで欲しいです。問題の肢単位で条文、若しくは条文と似た内容が出される事があります。条文をキチンと理解する事ナシに条文知識を問う問題を解く事はほぼ無理ですから。

とは言え、実際は条文知識を整えた上で判例を読み込んでおくと正解を導き易いです。

行政書士試験対策を始めたばかり方でしたら、イキナリ条文を読むというのは少々厳しいのではないかと思いますので、テキストで理解をしてからの話です。
2度目の挑戦で、行政法を強化しておきたいという方なら取り組んで欲しいですね。

この条文は得点を積み上げようと思ったら避けては通れないですから、できるだけ早い段階で着手して、できれば得意になって欲しいです。

条文を読み込んでいれば、ある程度得点を積み重ねる事もできますし、後々の直前模試とかで出題される難解な問題も、そういった基礎力があると対処し易いです。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ