行政法 ポイント

行政法を得点の柱にするのは大事


行政書士試験の合格を目指す人は、行政法を得点源にする必要があります。

それは当然ですね、とは言え行政法のテキストを読みだすとこれを覚えるのか?

と結構ショックを受けるらしいです。特に独学で初学者に近ければ近い程壁があるようです。

そこで行政法を学ぶ心構えから紹介します。

まず行政法の学習は全体像が掴みにくいのが特徴
理由としては行政機関に関する内容なので一般人には馴染みが無いというのもあるかな?

各法律を実際に使うイメージが湧きにくいという声もあります、やはり他の憲法、民法と同じくその法律の背景とかが理解できないと厳しいでしょう。
法律の細かい部分だけを見ていても進歩が少ないという意味です。

最低限知っていて欲しい事として
1 「何故その法律が必要なのか?」
2 「その法律が求める手続きの流れ」
3 「用語の定義」

この3つを意識して学習してみて下さい。

行政法の重要エリア
テキストに記載されている内容は全て重要エリアなのですが、整理すると

行政主体の組織に関する法律
→地方自治法

行政作用に関する法律
→行政手続法
→行政代執行法

救済に関する法律
→行政不服審査法
→行政事件訴訟法
→国家賠償法

最近はこれらのエリアを跨いだ問題も出題されますし、他の内閣法とか公務員法みたいなのから切り込まれたりもします。

そんな訳で本気で取り組むととんでもないエリアをカバーしなければなりませんが、上記法律は最低限クリアしておいて下さい。

クリアする内容は先程の何故その法律が必要なのか?(大体第一条に記載されてます。)
その法律の条文を三回位きっちり読み込んで内容の把握。(重要条文はきっと覚える事になるでしょう。)
初学者ならば、それぞれの用語を用語辞典で確認して

という事です。

近年の行政書士試験は難化しているので条文知識だけでは難しい。とよく言われます。
勿論管理人も同感ですが、条文知識は必須という意味でもあります。ココを疎かにしては進まないという意味ですからがんばりましょう。

その上で判例を押えて、所謂「法の精神」を理解する事が必要でしょう。

なお模擬試験とかで「下命」とか「禁止」、「確認」という用語の具体例を選ばせるような問題を良く見ますが、その問題の答えだけを覚えるのではなく、じゃあこの免許の付与は何に当たるのか?

とかを想像し確認してみるのは大事です。そうやって応用力を養っておかないと、きっと問題集と同じ問題は出題されませんよ。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ