行政書士試験 独学 試験前日

行政書士試験の前日の過ごし方


行政書士試験を受験する人にとって、前日及び当日の過ごし方というのは気になるエリアなのではないでしょうか?

特に合格者の動きって興味をそそります。そういう訳で何人かに聞いてみました。

その時に知ったのですが、意外と独学の人が少ないのに驚きました。そんな訳で基本的には私の記憶を辿って記載する事にします。

合格をした2回目の受験前日の記憶によると

仕事があったので、夕方迄はいつも通りの業務をし、流石に早めに帰宅したハズ。

問題はそこからなのですが、とある行政書士受験対策サイトの直前レポートを読んだハズ。

多くの予備校、受験対策サイトでは、そういった資料をキチンと作成し、ダウンロードできるようにしてくれます。イワユル 総復習的にそういったレポートを読んで寝てしまった。

というのが管理人の前日です。


簡単過ぎなので、追加しますと、試験当日は7時頃に起きて、勉強期間に作成したノート(基礎法学・憲法)をさらっと読んでから、10時頃に試験会場に向けて出発したと思います。

そして試験会場近くのローソンでおにぎり類を購入し、駐車場内で、民法のノート読みながら食べていたような・・・

そんな訳で凄く地味にスタートしてます。


試験会場では、結構周りの方はテキストを読んでいる人多かったですが、管理人は目を瞑り寝る?(瞑想?)という状態で試験開始を待ちました。


行政書士試験は3時間の激戦ですから、やはり直前はリラックスがキーワードだと思います。やはり試験では

どうにもわからん!

と心が折れそうな問題も多く出題されますから、精神力が疲れを感じていると、スグ諦めてしまいそうです。粘り強く(でも時間に追われるので瞬時の判断で後回しとか・・)解答を検討するのは精神力ですよ。


ちなみに、独学で突破を目指す方は、試験前日迄余裕がないのが普通だと思います。勿論当日もですが・・
それが普通ですから、焦りはあると思いますが、落ち込む事ないです。

後、前日の過ごし方で、少しアドバイスするなら、直前の土壇場でも得点にプラスになりそうな勉強として

株式会社に代表される商法関係に着目するのもアリかもしれません。人によっては 個人情報保護法かもしれません。

どちらも試験には確実に出題されるエリア、出題内容はそんなに捻った内容ではなく、結構ストレートなので直前に軽く読み込んだだけでも、意外と読んで良かった!
と実感できる出題があるかもしれません。

民法のように考えるエリアより直前に向いてると思いますので、参考まで。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ