行政書士 民法

民法の記述対策


行政書士試験において、最も不透明なエリアが記述式です。その記述式で毎年2問出題されている民法の記述は多くの受験生がどうして良いのか迷うエリアの筈。

そもそも民法の知識に不安がある、一般の選択問題でも苦労している。そういう方が多いのが普通なので、具体的対策はない。運に任せる。という人も多いらしいです。


多くの参考サイトや行政書士の受験マニュアルでは、予想問題集や模擬試験集をできるだけこなせ。と記載されています。
特に民法記述に関しては過去問の履修だけでは意味がない、というのは事実です。

多分、同じ問題は出題されないでしょうから・・・

近年の記述問題自体、司法試験といっても通用するのでは?
と思う理論性を要する出題なので模擬問題や予想問題で対策するのが妥当でしょう。

勿論、記述式60点の出来が合否を左右する可能性は極めて高く、苦しくても乗り越える必要があるエリアなのは間違いないでしょう。

ともあれ、記述は条文なり、用語をキチンと理解していなくては手も足も出ません。更に文章化って日頃の勉強では縁がなくて難しいですから、訓練は必須です。
妥当なアドバイスとしては1日1題くらい 記述の模擬・予想問題、専用の問題集に取り組みなさいと言うしかありません。

でも

でも苦労するんです、先程述べたように試験直前でも民法は自信ないっていうのが普通ですから。
仮に秋の始めから 一日一問記述問題みても、何書いていいか分かりませんし、当然40字に収まりません。更に言えば 一文字も書けないのでは?

解答みて 「あーそうだった」で終わりです。翌日も翌日も・・・

仕方なく参考書とかネットで良い解決方法がないか探すことになります。すると

記述問題を解くに際して次の3つの過程を意識しよう!と言われます。

1. 問題文の把握(論点抽出)
2. キーワードを書く(抜き出す)
3. 問いに対応するよう言葉をまとめて、記述する

大体こんな感じで指導されます。これが出来ないから苦労しているのにも関わらず・・
個人的にはキーワードを書くことができませんでした。



個人的に 記述試験対策を別の角度から推奨するならば
出題頻度の高い、債権を徹底的に洗う事をお勧めします。

具体的勉強方法は、「判例を読みつくす」
コレだけです。

重要判例からの出題が多い事に注目し、判例集の債権エリアを3回は読み込む事を推奨します。するとそのエリアの記述問題が出題された場合、高い確率で少なくともキーワードが頭に浮かびます。コレが大事。後はしめたものです。

要は問題文の流れから 何を書かせたいのか?
が分かれば、なんとかなる。判例で事例勉強してたらキーワードが浮かび易い。という事です。最低でも部分点は貰えます。
がんばって下さい。

管理人は 受験生時代は判例中心の勉強にシフトしていたのでこの手法を実践しましたが、結果からみるに 60点中40点を確保していました。十分ではないでしょうか?

他の方から聞いた話ですが、記述式問題集を3冊程度購入し、問題と答えをひたすら覚えた。という勉強方法もありました。一応現役行政書士の勉強方法なのでアリという事にしておきます。
参考まで・・

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ