行政書士試験 憲法

行政書士試験の憲法をクリアする


行政書士試験の憲法では、違憲という言葉に注目すると面白い。

報道で結構流れていますね。


いきなり違憲をピックアップしましたが、こういうキーワードでの勉強も重要ですよ。



話は変わりますが
行政書士試験に向けた勉強をされている方、特に独学の方って周囲に大勢受験生の知り合いがいる筈もありませんから、情報を入手しようとしてネットで行政書士の方のメルマガや予備校のメルマガを読む人が多いです。便利ですね。

しかしイロイロ情報を吸収するアイテムが揃っている今日この頃ですが、そうやって色んな処から雑多な情報を入手してもあまり良い事ありません。逆に邪魔になるケースもあります。

そうです、例をメルマガにとってみると、毎日多くのメルマガがケータイ、やPCに届くと、つい読んでしまいますが、実は結構な時間を取られてしまいます。確かに有益な情報もあるでしょうが、多くの時間を取られるのは微妙です。仮に毎日30分程度時間を取られると痛いかも・・


面倒な勉強よりも、メルマガ読んでいる方が楽で楽しいですから、つい勉強時間削って読んでしまうかもしれませんが合格したければ止めましょう。

同様に色んなサイトで「この参考書が良かった」
          「このサイトはチェックしておく方が良い」

といった類の情報を入手して、ふらふらと参考書を買いに出かけたり、そのサイトで長時間立ち止まったり

>>合格から遠ざかるばかりですよ!

いろんな参考書を読み漁るより、サイトチェックするより判例集で判例1つでも読んだ方が良いです。

参考書は1冊で十分ですし、定期的にチェックする情報サイト等も厳選して絞っておきましょう。



少々極論でしたが、情報が有りすぎてもダメ、でも全く情報がなければ孤立してしまいこれもダメっぽいです。

こう考えると予備校とかスクールって適度に適切な情報を与えてくれて良い感じしますね。個人的には独学行政書士試験突破を目指して欲しいので勧めたくはないですが、確率という意味でアリな選択肢です。


今チョット考えた方は、それが深層の意思かもしれません。
なるたけ低価格で評判の良い通信講座を紹介しておきますのでチェックしてみて下さい。

>>お勧め通信講座はコチラ





絶対に独学で突破するという意志の強い方は、読み進めて下さい。独学突破に有効な情報提供していきます。それでは憲法の基本的な事から憲法を解説します。

憲法の勉強の仕方をチェックしましょう。

まず日本国憲法は通読しておきましょう。
中学校で軽く見た覚えがありますから、なんとなく意味もわかると思います。その程度の理解で良いので読みましょう全部。(特に覚えるとか暗記する、という意味ではなく憲法の全体を眺める感じでOKです。)

テキストを読む前に読んでおきましょう。テキストは人権とか統治機構とか分野別に解説していく形で全体の流れが掴みにくいので、憲法の流れを把握しておく事は大切です。

そしてテキストを読んで理解ができた時点で次のステップに進みます。

推奨は過去問に挑戦です。

過去問で解けなかった肢を中心に判例や制度の復習に努めます。一通りチェックが終われば

重要項目の判例チェックに進みます。


行政書士試験用の判例集を通読3回が目標です。<コレは辛いかも、現実的には2回が目標かな?


最終的には問題文を読んで判例と照らし合わせた憲法の判断基準との絡みで正誤を判断できる力を養うというのが全体の流れです。



憲法学習の流れに条文覚えたりは入りません。
というか無理に覚えようとしなくても大事な条文、13条とか25条とか勝手に大体頭に入りますから・・・


ちなみに判例も「なんたら事件」とか「何年最高裁判例」とか見なくても良いです。

この判例の要点は「〜という事」

と自分で納得できる迄読むこと。そして出てくる用語で厳密には分かっていない用語をチェックして調べる事。

例えば

今熱いテーマの一つから質問しますが

一票の格差ってありますが、ズバリどういう事?
選挙権って何となく知ってるけど厳密にはどういう事?
立法府の不作為って?
衆議院の定数是正ってどういう事?


という感じで厳密には分かってないテーマに気づき、用語辞典等で意味を調べる事が結構重要な勉強です。こういう事をコマメにやると直前模試や本番に強くなります。

特に重要テーマの人権関係は深く調べていくと背景とかの理解が深くなり結構強いです。

私の勉強した経緯から時間の限りがあるので無理は言いませんが予想模試の問題の肢単位で用語と判例は確認しました。覚えるという感覚はなく、確認するという感じでの作業の繰り返しをしましょう。


補足として
憲法は条文ではなく、制度の理解。
所謂 基本原則(特に人権関係)、そして具体的な仕組み(規定等)、(特に統治分野)を意識しておきましょう。

基本つまらない勉強ですが、最近は面白いテーマが世の中にありますね。先ほどの選挙制度とか地方自治の改革とかが結構な熱いテーマとして注目されてます。そこで憲法からみた地方自治、そして地方自治法。この辺は結構興味を持って調べてみる事をオススメします。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ