行政書士 受験資格

行政書士になるにはいくらぐらいの費用が必要?

行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)試験は毎年行われていて、その際に必要な受験手数料は、7000円です。この手数料は国家資格としては普通と言えます。しかし、行政書士の国家試験に合格したからと言って、すぐに行政書士として開業し、仕事を行うことが出来るわけではありません。

「日本行政書士会連合会」にある行政書士名簿に登録を行って、各都道府県に設立されている「行政書士会」に入会する必要があります。その際、30万円くらいが必要になります。この金額の内訳は、都道府県により異なるはずですが、大まかには以下のようなになります。

・登録手数料が2万5000円〜3万円
・入会金が20万円くらい
・行政書士会(日本行政書士会連合会は、各都道府県にある単位会によって組織されている行政書士法上の法人だそうです)費が1万5000円くらい(三ヶ月前納)
・登録免許税が3万円くらい

この他に、事務所運営費や雑費として1〜2万円ほどかかる地域もあり、なかなかバカにならない金額です。さらに、登録をすると毎年年会費として6万円が必要になります。行政書士として登録するには、決して安くはない費用がかかってしまいます。でも、登録を行わないと仕事をすることができないのはもちろん、行政書士と名乗ることもできません。

もし、未登録で、官公署に提出する書類、その他、権利義務や事実証明に関する書類を作成して報酬を得、発覚した場合は、1年以下の懲役、または、100万円以下の罰金が適用されるでしょう。なお、行政書士会(活動の一環として、「月刊 日本行政」や行政書士のガイドブックなども出版しています)は退会した場合、前払い分の会費以外は戻りありません。それに、ほかの県へ移転した場合には、あらたに入会金などを納めなければならないのです。

少々面倒ですが、国家資格ですから当然と言えば当然ですね、まあ合格して事務所設立の夢を見る前に、しっかり試験に合格して資格を取得する事に専念しましょう。まあ合格するまでのロードマップを現役行政書士の「小野たかひと」氏がノウハウ提供されています。この小野たかひと氏の素晴らしい処は合格に必要な、勉強が必要なポイントを提供してくれる事に加えて、実際の業務でどのように活かしているか、とかの現役ならではの解説がある処でしょうね。

小野たかひと氏の合格ノウハウを利用すると、合格してからの動き方等も事前提供してくれて、モチベーションアップできるのも嬉しい副産物だと思います。やはりモチベーションが続かないのが試験勉強ですから、凄い効果と言えます。高い予備校の授業とは違う効果を感じることができますよ。勉強の合間にチェックする事をお勧めします。

>>小野たかひとの行政書士短期合格術


おまけ
行政書士になる為の勉強をされている方に、合格後の話をするのも微妙ですが

実際に試験に合格した後、行政書士会にお金を払って登録すれば行政書士になる事はできます。


しかし

行政書士になっただけでは、仕事は入ってきませんし当然お金にもなりません。

そうです。

最終的には行政書士の仕事を取る必要があるのです。どの職業でも同業者間での競合に勝つ必要があります。しかし初心者行政書士とベテラン行政書士が争った場合、初心者行政書士が仕事を勝ち取る可能性が低いのは簡単に想像できますね。

となると、困る訳です。食えないから・・・

賢明な方は、合格後行政書士としてどうやって稼いでいくのか?
というテーマでしっかり戦略を練るものです。

大抵は 行政書士開業セミナー等で勉強して取り組むのですが、残念ながらその道はイバラの道でしょう。。。

だって教えてくれるのは、会社設立や建設業許可、風俗営業許可等の雛型の書き方とかですから・・
この分野でベテランに勝てないのは判っている筈でしょ?

ならばライバルの少ないエリアを開拓するのが戦略だと思います。
とは言え、そんな戦略 試験合格もしてないのに判らないって言われそうですが、隙間時間に考えておくのも必要だと思いますよ。


そしてなかなか自分で考える事ができなくても、そういった戦略で成功している先輩行政書士がちゃんと、勝てる戦略を提供してくれています。
へんな開業セミナー通うよりはるかに現実的な戦略を提供してくれているので紹介しておきます。


>>行政書士開業革命

行政書士試験合格後に再び、チェックしてみて下さい。
絶対にお勧めです。。

PR
>>会社を辞めたサラリーマンの告白

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ