行政書士 独学

行政書士は独学でも大丈夫


行政書士試験を独学で合格を目指す方に向けたサイトを目指します。是非参考にして下さい。

早速ですが
最初に肝に銘じておいて欲しい言葉を記します。

行政書士試験に独学で合格するのは難しい

という事実を確認しておきましょう。

理由は簡単明白です。
行政書士試験の毎年の合格率が10%に届かない事実を直視しましょう。


良く掲示板等で

「行政書士の試験を独学で合格できるのでしょうか?」


というような書き込みされているのを見ます。

答えは独学でも合格は可能です。となりますが・・
殆どの回答で、予備校などに通う事を勧めているようです。

管理人は独学で合格したので、「大丈夫、独学でイケます。」と言いたい処ですが、実際問題振り返ってみると正直厳しいよね?

と感じざるを得ません。特に会社員の方が独学で挑戦する場合は。。


脅かす訳ではありませんが、法律系の国家資格ですから間違いなく多大な勉強時間を必要とします。


管理人は独学受験一度目は見事に失敗し、2度目でクリアしました。ネット上で情報収集をする限り2度3度受験する方は多く、管理人と同様苦労された方が多いように感じます。


そんな訳で独学合格は厳しい道だと自覚しながらも

尚、行政書士試験独学合格に挑戦しようと努力する方に多少なりとも役に立つ情報を提供し、応援したいと思います。


今年の試験で見事合格証を手に入れましょう。


参考迄に合格証の写真付けてみました。合格するとこんな書面が送られてきます。

この合格証を勝ち取る為に、毎日勉強を続ける事になる訳ですから、睨みつけて必ずGETするぞ!
とモチベーション上げて下さい。



行政書士試験を独学で突破すると決めた、あなたには今さらかもしれませんが自分の立ち位置を確認する意味で

独学受験のメリット、デメリットを整理しておきます。

行政書士独学受験のメリット
→マイペースで勉強ができる
→費用があまりかからない

行政書士独学受験のデメリット
→理解を必要とするエリアで躓いた時に解決に時間がかかる
→自分の実力がどの程度か把握するのが難しい
→長期戦である試験勉強期間、孤独と戦いながら勉強する為モチベーションが続きにくい


大きく分けると上記の内容です。

デメリット対策を紹介します。

最近はネット等で行政書士試験の受験体験記とか注意すべき事項等の情報を簡単に入手できます。
行政書士試験対策のサイトや現役行政書士の方が受験生を対象にメルマガ等を発行されていて活用すれば情報力、モチベーションの維持といった不利なエリア克服できると思います。

でも、あまり多くのサイトをチェックするのは貴重な時間を潰す事になるので、必要最低限に留めるべき、と釘をさしておきます。

自分の実力の把握というのは、現実問題としては模擬試験などを受けるしかないと思います。個人的には積極的に参加すべきと考えます。

となると理解を必要とするエリアの対策ができれば、独学でもスクールと比較して とんでもなく不利とは言えないかもしれません。

でも・・・
やる気を削ぐかもしれませんが
今年絶対に合格したいなら予備校や通信講座での勉強を推奨します。

予算とかスクールの立地等に支障がなければ独学よりも勉強の効率化が図れるのに加え、良質な教材・頼れる講師の方がいて、合格までの勉強の仕方や試験の攻略法などのノウハウも得る事ができるはずだからです。


しかし

近くにスクールがない
お金に余裕がなくて何十万も投資できない

といった理由があるなら

独学で合格を勝ち取りましょう!

戦略と計画と粘りで可能になります。(やみくもに勉強しても厳しいです!)




蛇足ですが、
google等の検索エンジンとか、行政書士試験対策サイトを見ているとスクールや予備校等の広告、特殊な勉強法の紹介を見かけます。

「3か月で行政書士試験合格」
短期1発で行政書士になる方法


上記のような見出しで、宣伝されてます。全てを見たり、実践した訳ではないので否定する事はできませんが、もしその広告の手法を実践されるなら申し込みをする前に、今までその方法でどれだけの方が実践し、どの程度の確率で合格されたか確認すべきです。

これから数カ月 必死に勉強して合格を目指す訳ですから、中途半端なorいい加減な手法を頼って勉強して、結果 失敗に終わった場合悔やみきれないと思います。それなら信頼できない教材や勉強方法に頼らず勉強した方がスッキリすると思いますよ。



どんな方法で勉強しても最終的に11月に300点満点の試験で180点以上とる実力を養う必要がある事には変わりありません。

つまり
試験範囲とされる

憲法・基礎法学
民法・会社法(商法)
行政法
一般教養

といったエリアで深い知識と問題解答能力を求められます。

その為の計画、勉強方法、勉強の進め方、教材の提案をします。


ちなみに基本的に現在会社員の方を想定して話をします。


行政書士試験独学突破の準備

行政書士試験独学突破の準備

行政書士試験独学突破の必需品を列記します

1. 計画的な勉強スケジュール
2. 勉強に使う材料【参考書、問題集、六法等】
3. 効率的な勉強【記憶、理解、問題】

1 計画的な勉強スケジュール
独学で試験をパスする為には、計画的に勉強する事が大事なのは言うまでもありません。
数多くの法律を習得する必要があります、大まかでOKですから計画作成を最初に行いましょう。そしてその計画通りに勉強を進める事が極めて重要だと理解してください。(例え理解や記憶に自信がない状態でも)

詳しくは 
初心者の勉強期間
行政書士試験勉強 直前期迄
試験直前の戦術検討
直前模試の考え方
行政書士試験直前期の切り札
試験の前日の過ごし方
  
2 勉強に使う材料

テキストや過去問、六法
憲法・行政法では判例集
民法(強敵)では補助的な教材があった方がベター

詳しくは
独学の教材
行政書士試験の参考書
憲法の勉強
行政書士試験の民法
ブログ活用
一問一答式の問題集の実力
過去問勉強の取り組み

3 効率的な勉強
  非常に重要です。

学生ならいざ知らず、会社員を続けながら勉強するケースなら時間は限られています。行政書士試験を独学でクリアするには強く意識して欲しいエリアです。


実際の処 会社員で独学合格を目指すなら時間効率を重視しないと到底間に合いません

大学受験と違って仕事も家庭もプライベートもある生活をしている訳ですから・・


管理人は効率的な勉強を強く意識した結果、行政書士試験対策のマニュアルを入手し、実践しました。そういう訳で上記で紹介したような行政書士試験に関連するネット広告も色々チェックしています。

その上で
独学で行政書士試験に合格できるとネットで評判の教材を入手しました。参考迄に紹介はします、内容の詳細は解説しませんが・・


このサイトで
独学で試験合格できる具体的な勉強プランと材料を紹介します

ですから必要ないと言いたい処ですが・・・

試験で狙われそうなテーマを把握したり、後ほど説明する独学受験者の弱点を補強する意味で1〜2万円程度の投資は検討すべきでしょう。



毎年数多くの独学受験者が実践し、多くの合格者を輩出しているノウハウですから、万全を期す意味でもお勧めはしておきます。

巷でも評判ですし、実際に私も購入して実践したマニュアルなので間違いはないと思います。
チェックしてみて下さい。



「147日で受かった残業サラリーマンの行政書士ラクラク勉強法」
この教材は法律知識ゼロの方でも147日で試験合格できる。という強烈なインパクトの教材です。ネットでもチョコチョコ紹介されています。

所見としては、確かに法律学部を出ていない方が、独学で行政書士試験を突破するのに最短の勉強方法のノウハウと言える、と思いますが、逆に言うと法律系を出ている方には物足りないかもしれません。

勉強の進捗状況を確認する事や特に力を入れて学習すべきエリアの絞り込みとか、そういったテクニック的な面では少々物足りない気もしますが、勉強方法や予定の立て方と実際の取り組み方を詳しく説明されていて随分と参考にしました。

独学突破を目指す現在社会人(会社員)の方なら、かなりの時間と労力の短縮を図りながら合格ラインに迫る事ができると思います。チェックをおススメします。合格保証付きというアピールが魅力です。

>>行政書士試験に147日で合格したラクラク勉強法!



「小野まさひと氏の行政書士試験短期合格術」
一度挑戦して失敗したという方にはコチラがお勧めとなります。

基本から各条文の考え方、問題の背景といった事迄勉強させてくれるノウハウで、小野まさひと氏が不定期に音声等で大切な視点等を提供してくれたりします。近年の過去問だけでは対処できないような問題にも対応できる実力を養えるでしょう。

その分マニュアルや音声等で話される内容は濃い内容です、吸収していけば実際の行政書士試験の試験問題には確実に対応できる力が養えます。


誤解のないよう補足すると、合格エリアまで最短距離で勉強を進める事ができるという意味です、マニュアル読んだだけではダメですよ、ゲームの裏技ではないですから。
正統派の実力養成を目指すならコレで決まりです。

>>小野たかひとの行政書士短期合格術



上記のノウハウは予備校やスクールの代わりに大事な事を教えてくれます。毎年多くの合格者を送り出しているという意味では、大手予備校と同等と考える事ができます。勿論随時メールや音声等で情報提供もしてくれるので、モチベーションの維持にもなりました。

上記マニュアルを購入される場合
>>大事な事はその勉強法を信じて勉強を続ける事
  途中で浮気したりフラフラしても合格は遠のくばかりですよ。


【マニュアル購入を推奨するもう一つの理由】
独学受験のメリットの一つに経済的な理由があります。

スクールや予備校では数万円〜20万円程度の費用が必要なのに対し、独学ならテキストや問題集の費用だけで済みます。勿論メリットです。

でも予備校って講師やテキストも優れているのも勿論ですが、結構な投資をした事で後に引けない、と退路を断つ事ができ、勉強への取り組み、モチベーションが続き易いです。コレ重要です。

本来独学受験ではスクール組以上に勉強のモチベーション維持が重要な要素となるのですが、費用負担がない分モチベーションが続かない可能性が高いです。やはり長期戦で中弛みしやすいのです。そこで多少でも身銭を切って意地でも合格する!
と気持ちを引き締めるのは大事。(勿論マニュアルの内容が秀逸というのが最大の理由なのは当然ですが・・)



マニュアルを購入されない場合
>>このサイトで試験突破に向けた勉強スケジュール、勉強の仕方等を紹介します。
  参考にしてみて下さい。きっと役に立つと思います。

行政書士試験短期合格術

行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!(合格返金保証付き)

藤本式直前行政書士試験予想問題

じっくり本当の実力を養成したいならこの教材で決まりです!

本当の初学者ならコチラがお勧め!

最短距離で合格圏内を目指しましょう。

試験直前に必ず入手して下さい。

最後のひと押しに必須の問題集と納得の解説です!

 

サイトマップ